核家族化で見える近未来の生活環境【汚れと一緒に臭いもお掃除】

掃除道具を持つ女性

特殊な清掃サービス

掃除機をかける女性

特殊清掃業という仕事について

特殊清掃業というのは、あまり知られていない業務ですが、清掃業の中のひとつです。主な作業現場というのは、事故や事件の現場です。いわゆる特殊な清掃現場を指します。死体があった部屋や場所の清掃から始まって、消臭・消毒作業を行ってもとのきれいな状態に戻す行為が実際に仕事内容になります。こうした特殊清掃がなければ、非常に多くの問題が発生するので、きわめて重要な仕事です。たとえば、事故や事件で死亡した場合、葬儀業者が対応しきれない場合があるのです。親族としてはエンバーミングをきちんとした上で埋葬したい意向があります。つまり、なるべく遺体をもとの状態に戻してあげたいと思うわけです。こうした処理は特殊性創業者でなければ対応することができません。

他の仕事内容について

特殊清掃業務は、きわめて重要な仕事ですが、意外にも葬儀業者がある程度までその類似仕事をする場合もあります。これは、葬儀会社の中には、サービスの拡充の一環として、葬儀会社が病院や自宅で亡くなった遺体の死後処置を行うことがあるのです。しかしながら、やはり特殊清掃業務に頼らざるを得ない面があるのも確かです。もちろん、上述したように遺体の処理やその遺体があった場所のクリーニングだけが仕事ではありません。それは、業務内容の中心とはいえ、他にも大切な仕事があります。例を挙げましょう。ニュースでよく話題になるごみ屋敷の清掃業務も、実はこの特殊清掃作業員が行うのです。個人ではなかなかこうした処理はできないので、プロに任せることが多いのです。