核家族化で見える近未来の生活環境【汚れと一緒に臭いもお掃除】

掃除道具を持つ女性

異臭もしっかり除去

床

特殊な清掃業務とはどのようなものか

事件や事故が生じた場合、そこに人的被害がない場合は、特殊清掃の必要性はありません。しかしながら、そこに人的被害が発生して遺体の処理が必要なときは、特殊清掃の必要性が出てきます。特殊清掃とは、そうした遺体の処理と遺体のあった場所や部屋の幅広いクリーニング作業のことを指します。やはり、遺体が長時間放置されている場合がその典型的な例なのですが、異臭が漂っていたりします。また、遺体の腐敗が進んでいることもあります。そうした状況の中で処理しますので、危険性が全くないとは言えません。しかしながら、そうした現場では感染症予防のための防護服やマスクを使って行うので、安心して作業に臨むことができる環境にあります。

特殊清掃の必要性について

特殊清掃は立派な専門的な仕事です。それというのも、社会運営上必ず必要な仕事だからです。言うなれば社会の縁の下の力持ちとしての仕事です。遺体が放置されたままの部屋は異臭が日増しに強くなってきて、周囲に住んでいる人は生活することを継続できなくなります。また、ゴミ屋敷をそのまま放置していると、異臭はもちろん、いろいろな病原菌も発生して周りの生活環境を非常に悪いものにしてしまいます。そうしたことがおこらないように、悪化した環境を回復させる特殊清掃業務が社会には求められているのです。実際にそうしたニーズに応えるためにも、資格認定を行われるようになりました。今後も、こうしたサービスの実施に対する需要が高まる見込みです。